「荒関式ことば発達法」認定校

ぐんぐん用WEBレッスン

 

推薦の言葉

この度、斉藤紗織講師が「荒関式ことば発達法」の研修を終え東京都に個別指導教室を開校する運びとなりました。
斉藤講師のお子さんは、胎児の時に何らかのダメージを脳に受け、自閉的症状を持っていました。
生後の育児に問題があったのか、胎内で既に何らかのダメージを受けていたのか、私は経験から直ぐに見抜けます。
斉藤講師のお子さんの場合は、明らかに後者の胎内でした。
私自身は34年間で2万人のお子さん方との関わりと、4千人の直接の指導経験から「荒関式ことば発達法」を生み出しました。
しかし、斉藤講師は4歳3ヶ月までほとんど言葉がでなかった我が子を「荒関式」により3ヶ月で単語を導き出しました。
斉藤講師ならば、今後は多くの同じ悩みを持たれるママ達の力になれると確信し、私の「荒関式ことば発達法」を伝授させて頂きました。
どうぞ、1日も早く斉藤講師の「ことばの教室ぐんぐん」の扉をノックされ、お子さまの言葉の扉を開けて上げましょう。

個別レッスンお申し込み方法

荒関式 ことば発達法」のDVDをご購入後、100文字以上のご感想メール又はご相談とともにこちらのフォーマットより個別レッスンをお申し込みください。

荒関式ことば発達法実践方法

毎日自宅でご家族、特にお母さんが最低20分行ってください。(1歳半~6歳未満児の平均)
年齢が6歳に近いほど遅いのはいなめません。
しかし、最初の1週間はその後お子さんと楽しくやれるようになるためにご家族が怒らないでやるための訓練だと心してください。
※より早く効果をお求めの方は1日の中で40分を2回行うと良いでしょう。
但し当初はお子さんのほうがついてきてくれないかもしれません。
その理由は、ご家族の行うスピードのなさと笑顔のなさ途中で怒り始めたりあきらめたりすることが第1の原因です。
ご家族の方が怒り始めたら、そこで一旦すぐにやめてください。
言葉は言葉を教えようとして出てくるものではありません。
「知育遊び」の中の楽しい笑顔のある語らいから自然に導き出すのです。
現在単語が20個未満のお子様は単語を引き出す方法からはじめてください。
単語を引き出す方法

現在単語が60個以上のお子様は会話を引き出す方法からはじめてください。
会話を引き出す方法
単語が20個になられる頃会話を引き出す方法を併用して進めてください。
単語・会話を引き出す方法セットパック

Blog

ことばと挨拶

ことばが明瞭ではない時、またはあまりことばが導きだせていない時、毎日の知育や運動はとても大切になってきます。 ですが、ことばは日常的に使う事に意義があると私は思っています。 毎日必ず使うことばといえば、まずは挨拶であると …

ことばを導く数と形

ことばの遅れがあるとつい「ことば」にばかり注目をしてしまいがちであると思います。 私自身もそうでした。ですが「ことば」だけをただ教えても、実際に使う様にならなければ意味がないものであると思います。 何故ならば、ことばはコ …

視野が狭いという事

ことばや発達の遅れがあるお子様は、視野が狭いお子様が多いと感じています。 視野が狭いお子様を観察していると殆ど黒目が動きません。 視野が狭いという事は、興味の幅の狭さにもつながっていると息子を見て感じていました。 自分の …

向き合う時間を作る

日々育児に追われていると、何となく一日が過ぎ去るものと思います。 私は息子のことばの遅れに対して悩み始めてから、当時通っていた言語訓練で行っている知育を少し家でやるようになっていました。 ですが、何のために知育をするのか …

ことばかけの大切さ

先日、幼児から高校生までを指導されている教室の先生とお話しをしていたのですが、その先生が「指導していて一番難しいのは幼児さんです。幼児さんを指導する時には、私はお子様にどの表現が伝わるかよく考えて、ことばのチョイスに気を …

カテゴリー

ブログをメール受信

メールアドレスを登録すれば、更新をメールで受信できます。

新宿区新小川町5-27-1階
「TREE BELL」で開校中
PAGETOP
Copyright © ことばの教室 ぐんぐん All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.