「荒関式ことば発達法」認定校

ぐんぐん用WEBレッスン

 

推薦の言葉

この度、斉藤紗織講師が「荒関式ことば発達法」の研修を終え東京都に個別指導教室を開校する運びとなりました。
斉藤講師のお子さんは、胎児の時に何らかのダメージを脳に受け、自閉的症状を持っていました。
生後の育児に問題があったのか、胎内で既に何らかのダメージを受けていたのか、私は経験から直ぐに見抜けます。
斉藤講師のお子さんの場合は、明らかに後者の胎内でした。
私自身は34年間で2万人のお子さん方との関わりと、4千人の直接の指導経験から「荒関式ことば発達法」を生み出しました。
しかし、斉藤講師は4歳3ヶ月までほとんど言葉がでなかった我が子を「荒関式」により3ヶ月で単語を導き出しました。
斉藤講師ならば、今後は多くの同じ悩みを持たれるママ達の力になれると確信し、私の「荒関式ことば発達法」を伝授させて頂きました。
どうぞ、1日も早く斉藤講師の「ことばの教室ぐんぐん」の扉をノックされ、お子さまの言葉の扉を開けて上げましょう。

個別レッスンお申し込み方法

荒関式 ことば発達法」のDVDをご購入後、100文字以上のご感想メール又はご相談とともにこちらのフォーマットより個別レッスンをお申し込みください。

荒関式ことば発達法実践方法

毎日自宅でご家族、特にお母さんが最低20分行ってください。(1歳半~6歳未満児の平均)
年齢が6歳に近いほど遅いのはいなめません。
しかし、最初の1週間はその後お子さんと楽しくやれるようになるためにご家族が怒らないでやるための訓練だと心してください。
※より早く効果をお求めの方は1日の中で40分を2回行うと良いでしょう。
但し当初はお子さんのほうがついてきてくれないかもしれません。
その理由は、ご家族の行うスピードのなさと笑顔のなさ途中で怒り始めたりあきらめたりすることが第1の原因です。
ご家族の方が怒り始めたら、そこで一旦すぐにやめてください。
言葉は言葉を教えようとして出てくるものではありません。
「知育遊び」の中の楽しい笑顔のある語らいから自然に導き出すのです。
現在単語が20個未満のお子様は単語を引き出す方法からはじめてください。
単語を引き出す方法
現在単語が60個以上のお子様は会話を引き出す方法からはじめてください。
会話を引き出す方法
単語が20個になられる頃会話を引き出す方法を併用して進めてください。
単語・会話を引き出す方法セットパック

Blog

手先の不器用さ

発達の遅れがあるお子様は手先の不器用な事が多いです。 手や指先は体の末端なので、手や指だけを鍛えて器用になる訳ではありません。 まずは粗大運動と言って歩く、走る、ジャンプ、バランスを取る、姿勢を保つ事から始めていく必要が …

ことばを知る

「物には名前がある」という事を知る事がことばの第一歩だと思います。 その為に、絵カードや絵本、日々の生活の中で物の名前をインプットしていく事が大切なのです。 インプットなしにはアウトプットはありません。 荒関式「ことば発 …

目の動き

私の息子は、ことばの遅れを感じている頃から「目が合いづらい」事がよくありました。 好きなものだけは見るものの、関心がないものや人と会った時など一体どこを見ているのかと思う事がよくありました。 ことばや発達の遅れがあるお子 …

触覚刺激

お子様の中には粘土やスライム、砂を触わる事を嫌がるお子様が多くいらっしゃいます。 また、保護者様と手をつないでくれない、触わられる事を嫌がるお子様もいるでしょう。 その時には「この子は触られる事は嫌なのだ」と諦めるのでは …

ひらがなとことば

ことばの遅れがあると勘違いされてしまう事があります。 それは、ことばの遅れがある=ひらがなの認識がない、と思われる事です。 彼らの中には、記号を覚える事が得意なお子様も沢山います。 お子様にもよりますが、ひらがなを覚えた …

カテゴリー

ブログをメール受信

メールアドレスを登録すれば、更新をメールで受信できます。

千代田区九段南4-3-4
大江ビル5階
PAGETOP
Copyright © ことばの教室 ぐんぐん All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.