「荒関式ことば発達法」認定校
Blog

ブログ

多動がある場合

多動傾向のあるお子様がとにかく動き回ってどうして良いのか分からないという話をよく伺います。 彼らは動き回る事で落ち着こうとしている為、無理に静止させようとしても解決はしません。 呼吸を整え、深い呼吸が出来るようにする事が …

生活の中のことば

ことばに遅れがあるお子様の場合、私たちが普段声に出さずに行っている事を意識的に声に出し、ことばを教えていく必要があると感じます。 例えば動きのことばです。 「靴をはく」「ジャンパーを着る」「ごはんを食べる」など動作と一緒 …

知能アップ

先日、以前ことばの指導をしていた保護者様からメールを頂きました。 そのお子様は6回目の頃には、簡単なことばのやり取りが出来るようになりました。 そして、つい先日知能検査をした所、3年前よりも知能が30以上アップしたと伺い …

夢に見たことば

「朝起きたら急にしゃべりだしたらいいのに」と私は当時よくそう考えて眠りについていました。 ただ待つだけの日々は本当に苦しかったです。 あの時、荒関式に出会い、ただ夢見ているだけではだめなのだと痛感したのを今でもよく覚えて …

ことばのスタート

ことばの遅れがあるお子様の多くは、声そのものを出さない事が多いです。 ですが知育や絵本を始めていかれると、喃語のような宇宙語の様な声を出すようになっていきます。 初めのうちはあまり意味がないことばと思われるかもしれません …

ことばを習得する為に

私の幼少期に比べて、現在の習い事は様々な物があり、充実していると思います。 ですが、どんな習い事も通うだけで習得できる訳ではありません。 継続した練習が実を結んでいくものだと思います。 ことばを導く為の知育や運動もそうで …

座っていられない

集団生活が始まると、椅子に座る機会が増えます。 この時に立ち歩いてしまうお子様がおられます。 呼吸が浅く動き回わらなければ落ち着かない、座って何をするか理解が出来ていない、そして見通しが立たないなど理由はいくつかあります …

発達が遅いからこそ

ことばに遅れがある場合、発達全般に遅れがある事が多いと感じます。 息子が療育に通っていた時、療育先の先生に「この子のペースでゆっくりやっていきましょう。」という言葉をかけて頂きました。 私はその言葉を頂く度に疑問を感じて …

ことばは待てば出てくるものではない

息子の3歳児検診で保健師さんに「男の子はことばが遅い子が多いから」「もう少し様子を見て待ちましょう」と言われました。 そうなのかなと思うものの、焦る気持ちは変わりませんでした。 荒関式を始めて私は教育魂に火が付いたのです …

ことばを増やす為に

ことばの遅れがあるお子様は興味の幅が狭い事が多いです。 興味の幅を広げていく事が大切です。 まずは、お子様が興味のある物を使って数、形の知育を進めていきましょう。 これにより視野が広がり、様々なことばを覚えていきます。 …

1 2 3 26 »
2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

ブログをメール受信

メールアドレスを登録すれば、更新をメールで受信できます。

新宿区新小川町5-27-1階
「TREE BELL」で開校中
PAGETOP
Copyright © ことばの教室 ぐんぐん All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.