「荒関式ことば発達法」認定校

Blog

関心を示すようになる

個別レッスンに来て頂くお子様達の多くに感じる事は、「人と目が合わない」という事です。 そして、人に関心を示さないという事もあります。 私の息子もそうでした。 あまり目が合わず、同年齢の子どもと遊ぶ事がなく、一人で遊んでい …

毎日の知育の大切さ

今まで家庭で知育をされていなかった親御様が、知育を始めていこうと思われた時、たったの5分がとても長く感じるという話はよく耳にする話です。 すぐにどこかに行ってしまうお子様であればあるほど大変さを感じる事と思います。 目標 …

お子様との接し方

私が荒関式を始めた頃、私が必死すぎる余りに息子に上から物を言う姿勢になっていました。 それでは、子どもの自主性が生まれてこないと荒関先生からアドバイスを頂き、私自身の子どもへの向かい合い方、声かけの仕方を変えていきました …

ことばを導きだすまで

息子のことばの遅れで悩みだした時、私は言語訓練というものをネットで見つけ、家の近くの所へ通う事にしました。 そして、言語聴覚士の先生に見て頂いていましたが、する事といえば知育玩具で少し遊ぶ事でした。 成感を得る事が大切で …

試行錯誤の連続

知育玩具を購入して知育を行っていると、この使い方では理解する事が難しいであろうと思う事があります。 また、じゃんけんなどルールのある遊びの理解も定型発達のお子様と比較すると、発達に遅れがあるお子様には理解が難しいものです …

否定をしない

毎日の生活の中で、お子様がする行動の中に親御様がやめてほしいと思われる行動があると思います。 私の息子も、刺激を求めて奇声を上げたり、手を叩いて音を出したりと、私が不快に感じる行動を繰り返していた時期がありました。 です …

達成感を得る事

知育や運動をする上で大切な事が「達成感」を得る事であると思います。 私たちも何か物事を成し得た時には、嬉しい気持ちになりますよね。 お子様も同じです。 「出来た!」という達成感を得る事で、知育や運動のモチベーションが上が …

ことばを進化させる

荒関式を始められ、個別レッスンを受講して頂いている親御様たちから「この間から、とって、やって、だっこなどと言う様になりました。」「少し時間はかかりましたが、電車、バス、色を言う様になりました。」など嬉しいお言葉を頂いてお …

気付かされる事

私は息子を育てながら、私たちが普通に行ってきた事が息子や発達の遅れがあるお子様にとっては、ハードルが高いものがあるという事に気が付きました。 特に息子が幼稚園に入園し、保育参観で彼の様子を見て感じる事が多くありました。 …

ポジティブなことばかけ

ことばや発達の遅れがある我が子を見ていると、出来ない事に目が行く事が多いと思います。 そして、ことばかけも「〇〇が出来ない」「〇〇が下手」とネガティブになりがちです。 私も初めはそうだったのですが、ネガティブなことばかけ …

1 2 3 18 »
2017年7月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

ブログをメール受信

メールアドレスを登録すれば、更新をメールで受信できます。

新宿区新小川町5-27-1階
「TREE BELL」で開校中
PAGETOP
Copyright © ことばの教室 ぐんぐん All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.