「荒関式ことば発達法」認定校
Blog

ブログ

自宅で出来ること

現在コロナウイルスの影響によりご自宅で過ごす時間が多くなっている事と思います。 体を動かす事も勿論大切ですが、知育の時間を増やすチャンスではないでしょうか? ご自宅で粘土やスライムで遊びなど触覚刺激を入れてみるのもお勧め …

注視してもらう

私が息子に絵カードや絵本を始めて間もない頃は、とにかく注視してもらう事に必死でした。 そして1カ月ほど経った頃、息子が絵本を見て反応を示すようになりました。 まず注視をしてもらわない事にはことばのインプットは始まっていき …

何故運動は必要なのか

ことばの遅れがあるお子様は、全体の発達が遅い事が多いです。 私は息子に知育と一緒に運動療育を並行して行っていました。 体をきちんと作る事で姿勢保持が出来るようになり、集中力がアップします。 荒関式「ことば発達法」DVDを …

ことばかけをしているか

日々の生活の中でどれくらいお子様にことばかけをしているでしょうか? ことばの遅れのあるお子様はことばかけに対しての反応をあまりしてくれない事が多いので、保護者様のことばかけ自体が少ない事が多いです。 意識的にことばかけを …

ことばのインプット

先日「こんなに何回も言っているのにことばが増えていきません。」と保護者様から相談を受けました。 それは、インプットがまだまだ足りない為だと私は思います。 インプットする数には個人差があります。 少しのインプットでいいお子 …

向き合うこと

毎日の知育や絵本読み、運動を継続した事で、私は息子と「向き合う」事が出来たと思います。 現実を受け入れなければ日々の知育や絵本読み、運動を継続していく事は出来ません。 時間がない、仕事が忙しいは言い訳にしか過ぎません。 …

ことばを導く為に

息子のことばが導けていなかった頃、彼が要求してくる電車図鑑の電車の名前を何回も繰り返し声にだして伝えました。 ですが、それだけでは彼のことばを導きだす事が出来ませんでした。 ただ好きな物の名前を教えているだけではことばは …

意識してことばかけをする

私たちは生活の中でことばを省略している事が多いです。 お子様に「靴をはいて」という所を「くつ」だけのことばかけをしている保護者様が多くいらっしゃいます。 助詞や動詞をきちんと入れて、お子様に正しいことばかけをしていきまし …

不安になった時には原点に戻る

お子様のことばを導き出す為には、知育や運動を諦めずに続けていく事が大切です。 様々な知育玩具や絵本、絵カードを使いどれがヒットするのかを当時私もかなり探しました。 そして時に教材を作成したものでした。 それでも不安になっ …

自己肯定感

発達に遅れがあると保護者様は焦りから「〇〇が出来ない」とマイナスの声掛けをしてしまいがちです。 そうする事で子どもの自己肯定感は低くなります。 どうせ出来ない、僕は(私は)ダメなのだとやる気がなくなってしまいます。 日々 …

« 1 2 3 4 33 »
2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
新宿区新小川町5-27-1階
「TREE BELL」で開校中
PAGETOP
Copyright © ことばの教室 ぐんぐん All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.