「荒関式ことば発達法」認定校

Blog

続ける事がことばに繋がる

先日6回目のレッスンを受講して頂き、二語文、三語文が言えるようになるまでに成長されたお子様がいらっしゃいます。 彼のことばがぐんぐんと増えてきて、通われている療育の先生や保護者の方に驚かれたとの事でした。 知育、絵本、絵 …

6歳までに

脳の90%は6歳までに出来るという事を知った時、私の息子は4歳3カ月でした。 2年ほどしか残っていないと思う反面、この約2年を決して無駄にしてはいけないと日々知育や運動を積み重ねていきました。 ことばを始め、運動面の成長 …

まずは考える

知育や運動を行っている時、保護者様はお子様が年齢相応の物が出来ず、焦りの気持ちから怒ってお子様に教えてしまう事があると思います。 怒られる事で脳は委縮すると言われています。 この時、怒りだす前にして頂きたい事があります。 …

会話のやり取りが上手くいかない

ことばを導き出す事が出来て喜びもつかの間、次は会話の「やり取り」が出来ないというお話を伺う事が多くあります。 ここで考えて頂きたいのは、何故上手くいかないかという事です。 私たちの問いかけにどう答えて良いのか分からないの …

音のレパートリーを増やす

先日個別レッスンを受講して頂いているお子様の声を聞いていた所、以前よりも様々な声が出るようになっている事に気が付きました。 それがまだ名詞や動詞、何かを示すことばではありませんが、様々な声を出し音のレパートリーを増やす事 …

多動がある場合

多動傾向のあるお子様がとにかく動き回ってどうして良いのか分からないという話をよく伺います。 彼らは動き回る事で落ち着こうとしている為、無理に静止させようとしても解決はしません。 呼吸を整え、深い呼吸が出来るようにする事が …

生活の中のことば

ことばに遅れがあるお子様の場合、私たちが普段声に出さずに行っている事を意識的に声に出し、ことばを教えていく必要があると感じます。 例えば動きのことばです。 「靴をはく」「ジャンパーを着る」「ごはんを食べる」など動作と一緒 …

知能アップ

先日、以前ことばの指導をしていた保護者様からメールを頂きました。 そのお子様は6回目の頃には、簡単なことばのやり取りが出来るようになりました。 そして、つい先日知能検査をした所、3年前よりも知能が30以上アップしたと伺い …

夢に見たことば

「朝起きたら急にしゃべりだしたらいいのに」と私は当時よくそう考えて眠りについていました。 ただ待つだけの日々は本当に苦しかったです。 あの時、荒関式に出会い、ただ夢見ているだけではだめなのだと痛感したのを今でもよく覚えて …

ことばのスタート

ことばの遅れがあるお子様の多くは、声そのものを出さない事が多いです。 ですが知育や絵本を始めていかれると、喃語のような宇宙語の様な声を出すようになっていきます。 初めのうちはあまり意味がないことばと思われるかもしれません …

« 1 2 3 28 »
2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

ブログをメール受信

メールアドレスを登録すれば、更新をメールで受信できます。

新宿区新小川町5-27-1階
「TREE BELL」で開校中
PAGETOP
Copyright © ことばの教室 ぐんぐん All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.