「荒関式ことば発達法」認定校

Blog

継続と工夫の大切さ

レッスンを受講されていた保護者様が療育施設の先生に「家で頑張る事はないです。 続かないですから。」とおっしゃられたというお話を伺いました。 療育施設の先生自らそのような発言をされた事はとても残念でなりませんが、私は教育と …

ことばはどのようにしたら出てくるのか?

息子にことばの遅れを感じ始めた時、ことばはどの様にしたら出てくるのかと考えました。 当時は言語訓練や療育に通えば教えて頂けると思っていました。 ですが、実際に体験してみると、これでいいのだろうか?と不安を感じる事が多くな …

空気が読めるようになる

コミュニケーションは「ことば」だけでなく、他者の表情、目線、その場にいる人の様子など空気を読み取り、適切な行動を取る「非言語コミュニケーション」と言われるものがあります。 ことばの習得をしていないうちは自分中心の動きをし …

興味の幅を広げる

発達そのものの遅れがあるお子様と接していますと、遊びの種類にこだわりがあり、特定の遊びしかしないなど、興味の幅が狭く視野が狭いと感じる事がよくあります。 ことばを導いていく為に、様々な知育や運動をする事で彼らの世界を広げ …

ことばは知るもの

定型発達のお子様は、生活の中で耳にすることばを自然と吸収し、習得をしていきます。 ですが、ことばの遅れのあるお子様の多くは「ことば」という伝達ツールを知る事から始まります。 物には名前があり、人にも名前があるという事を教 …

考え方を変える

ことばの遅れがあるお子様は、その他の発達面にも遅れがある事が多くあります。 そして、保護者様はお子様の「出来ない」事が沢山あり焦る事でしょう。 その際に「何で出来ないの?」と考えるのではなく「どの様にしたら出来るようにな …

トイレトレーニング

私は息子が2歳半位の頃トイレトレーニングを開始し、幼稚園の年少の頃にオムツを取る事に成功しました。 初めはことばが出てきていないからとトイレトレーニングを先延ばしにしていたのですが、ことばが出てくる様子もなく不安になるば …

続ける事がことばに繋がる

先日6回目のレッスンを受講して頂き、二語文、三語文が言えるようになるまでに成長されたお子様がいらっしゃいます。 彼のことばがぐんぐんと増えてきて、通われている療育の先生や保護者の方に驚かれたとの事でした。 知育、絵本、絵 …

6歳までに

脳の90%は6歳までに出来るという事を知った時、私の息子は4歳3カ月でした。 2年ほどしか残っていないと思う反面、この約2年を決して無駄にしてはいけないと日々知育や運動を積み重ねていきました。 ことばを始め、運動面の成長 …

まずは考える

知育や運動を行っている時、保護者様はお子様が年齢相応の物が出来ず、焦りの気持ちから怒ってお子様に教えてしまう事があると思います。 怒られる事で脳は委縮すると言われています。 この時、怒りだす前にして頂きたい事があります。 …

« 1 2 3 28 »
2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

ブログをメール受信

メールアドレスを登録すれば、更新をメールで受信できます。

新宿区新小川町5-27-1階
「TREE BELL」で開校中
PAGETOP
Copyright © ことばの教室 ぐんぐん All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.