「荒関式ことば発達法」認定校

Blog

成長を感じる時

個別レッスンに来て頂くお子様、親御様に私がお会いするのは、月に1回か2か月に1回になります。 その間、皆様にはお家での知育や運動を頑張って頂くのですが、私は親御様の様にお子様と毎日の生活を送っている訳ではない為、子ども達 …

感覚遊び

発達の遅れがあるお子様の個別レッスンや普段の生活を見ていると、本来の玩具の遊び方ではない不思議な遊び方をしている事がよくあります。 私の息子もそうでした。様々な物をひたすら落とす、並べる、ひたすら積む。ビー玉などの形、触 …

想像力を高める

私が「荒関式」の荒関先生の元でことばクラスを直接受講していた頃、先生が「ことばには想像力が大切だよ」と言われていた事をよく覚えています。 ことばそのものは、名称がインプットされていく事により、アウトプットにつながっていき …

向き合うことから始める

私は息子のことばに遅れがあったため、2歳を越えた頃からいつも不安であったように思います。 その頃は、ネットで「ことば、遅れ」などと検索し、様々な情報に振り回されていました。 その頃、主人の転勤で名古屋に引っ越しをする事に …

ことばと指示行動

ことばの意味が理解出来るようになってくると、普段の生活の中での指示が通りやすくなります。 例えば「ティッシュをもってきてね。」「ゴミ箱に捨ててきてね。」「ハサミを持ってきてね。」など生活の中の指示が理解出来るという事です …

聴覚過敏になった時期

息子が2歳の時にことばの遅れを気にしていた私は、脳波の聴力検査をしました。 高音、低音の「ピー」という音に脳が反応しているかで聴力を検査するものであったのですが、特に問題はありませんでした。 中には、ある特定の音の高さが …

認知力を上げる

物には名前があります。 ことばを教えていく時には身の回りの物や興味のある物、好きな食べ物、乗り物など、物には名前があるという事を教える必要があります。 先日、個別レッスンで親御様が「療育に通っているのですが、発語がまだな …

動きとことば

私たちが普段生活をしている中で、よく使うことばといえば物の名前が多いのですが、その他にもよく使っていることばがあります。 「(靴を)履く」「(○○を)食べる」「(お風呂に)入る」「(手を)洗う」など動きことばです。 動き …

様々な角度から

「ことば」とはどうして出てくるのでしょうか? 私たちは、いつの間にか言語を習得して、普通にことばを使っています。 私は息子のことばの遅れがあって初めてそんな事を考えました。 いくら幼児教育を学んでいても、私はその答えを知 …

体の部位を覚える

ことばを教えていこうと考えた時、まずはお子様の興味のある物から教えていくと思います。 そして、身の周りの物を教えていくと思います。 その時に、一緒に体の部位を教えていかれる事をお勧め致します。 体の部位は、生活の中で使う …

« 1 2 3 4 24 »
2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

ブログをメール受信

メールアドレスを登録すれば、更新をメールで受信できます。

新宿区新小川町5-27-1階
「TREE BELL」で開校中
PAGETOP
Copyright © ことばの教室 ぐんぐん All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.