「荒関式ことば発達法」認定校

Blog

ことばの定着

ことばが少しずつ増えてきて、単語が5個~20個に増えてくると二語文への道が開けてきます。 名詞が出やすいお子様もいれば、動詞や擬音が出やすいお子様もいらっしゃいます。 名詞が出てきている場合、二語文にする為には動詞や形容 …

とにかくやってみる

私は今現在も息子と一緒に新しい物事にチャレンジする事を続けています。 発達障害、自閉症と診断を受けた方の中で「こういう子は何か一つの事に優れていると聞くし、〇〇が好きだからこれだけに集中していこうと思う」と言われている方 …

曖昧ではなくハッキリ

私たち大人は、生活の中での「曖昧さ」が心地よいという事があるのではないかと思います。 例えば、いつもはジョギングをしているけれど今日は寒いからやめておこう、いつもであればやるけれど、今日は忘れてしまった「まあいいか」など …

子どもの真似をしてみる

ことばとは真似から始まります。 初めのうちは、とにかくなんでもいいから何か言ってもらいたいという親の思いがあると思います。 私もそうでした。 その時に大切な事は子どもの出している声の真似をしてみるという事です。 一緒に知 …

体幹をしっかりとさせる

最近、大人向けの「体幹トレーニング」の本を多く書店で見かけるようになりました。 よく「体幹」とは聞きますが、実際それがどこの部分をさすのかをぼんやりとしか理解していない方が多いのではないかと思います。 先日、子どもの運動 …

医師のことば

発達に遅れがあると、子どもを連れて発達外来に行き医師と話をする機会が訪れます。 発達外来の医師も様々なタイプの方がいらして、元気になることばをかけてくれる方もいらっしゃいますが、「こういう子は、○○は出来ないでしょ」と決 …

一緒に成長を感じる

普段の生活の中で、大抵の場合お母様がお子様と過ごす時間が長いと思います。 そして平日は、殆どお子様と過ごす時間がないというお父様もいらっしゃると思います。 荒関式を始めて私が奮闘していた時、私の主人は何をどの様にしたら良 …

得意な事と苦手な事

知育や運動を行っていると、どのお子様にも得意分野と苦手分野があるものです。 例えば、パズルはとても好きで積極的に取り組もうとするものの、積み木を模倣して行う事が苦手で、試みようとするとどこかに行ってしまうというような事が …

ことばと挨拶

ことばが明瞭ではない時、またはあまりことばが導きだせていない時、毎日の知育や運動はとても大切になってきます。 ですが、ことばは日常的に使う事に意義があると私は思っています。 毎日必ず使うことばといえば、まずは挨拶であると …

ことばを導く数と形

ことばの遅れがあるとつい「ことば」にばかり注目をしてしまいがちであると思います。 私自身もそうでした。ですが「ことば」だけをただ教えても、実際に使う様にならなければ意味がないものであると思います。 何故ならば、ことばはコ …

« 1 2 3 4 23 »
2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

ブログをメール受信

メールアドレスを登録すれば、更新をメールで受信できます。

新宿区新小川町5-27-1階
「TREE BELL」で開校中
PAGETOP
Copyright © ことばの教室 ぐんぐん All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.